エックスサーバーはどうなのか数年使用したみた感想 | 料金や性能をレビュー

エックスサーバー

ブログやアフィリエイトを始めるとき、必要になるのがレンタルサーバーです。

調べてみるとエックスサーバーが良いと書かれているのを見かけると思います。

私も利用者のひとりです。

有名なブロガーだけでなく、企業も利用しているレンタルサーバーです。

おと
当ブログもエックスサーバー(X10プラン)を使っています。
いろんなリンクをクリックして速度などを確かめてみてください。

目次

エックスサーバーはどんなサーバー?

エックスサーバー株式会社が運営するレンタルサーバーサービスです。

人気があることは数字でもハッキリしていて、運営サイト数はなんと180万件を超えている国内シェアNo1のサービスです。

料金に対して、ハイスペックなサーバーを使い「高速」「安定」を重視して提供されているサービスとなっています。

稼働率は99.99%以上となっていて、実際に私が利用してからも致命的となるような障害は発生していませんし、メンテナンス以外でサーバーが停止したことはありません。

おと
サービスを開始してから17年を超える実績で、国内では老舗の部類に入りますよ。

⇒ エックスサーバーを10日間無料で試してみる

エックスサーバーの満足なところ

スペック増強や機能強化してくれる

国内No1を維持するために必要なことなのかもしれませんが、私が契約してからもCPUが増強されたり、データベースの容量が大きくなったり、バックアップデータからの復旧料金が無料になるなど、機能やサービスレベルを向上させてくれるところがすばらしいと思っています。

もちろん、料金は変わりませんし、時代に合わせてサーバースペックと機能を向上させてくれますから、利用者は長期間契約しても時代遅れなサーバーとなることがありません。

おと
あなたはブログ運営に集中することができます。

サーバースペックが高い

エックスサーバーのスペック
サーバースペックが高いというだけなら高い料金を支払えばいくらでもあります。

ただ、ここでは個人がブログやアフィリエイトサイトを運用することを想定しているので、料金は安いに越したことはありません。

エックスサーバーのスペックは、月額500~1000円のサービスという視点でみるととても高スペックです。

データの保存に、HDDではなくSSDを使用していることは珍しくありませんが、エックスサーバーではSSDをさらに高速に読み書きできるよう「NVMe」という接続方法を使っているので、Webページの表示も速いです。

CPUやメモリについて技術的なお話をするつもりはありませんが、同価格帯のサーバーと比較するとかなり高品質なものとなっています。

大量アクセスに強いWebサーバーを使っている

NGINX-logo
サーバーのスペックが高くても、Webサーバーアプリが貧弱では意味がありません。

Webサーバーにもいろんな種類があって、昔から有名なものに「Apache」というソフトがありますが、エックスサーバーではApacheよりも高速な「nginx」というソフトを利用しています。

単純に速さだけならこのnginxよりも高速なソフトは他にもありますが、「nginx」の特徴として、大量のアクセスに強いという特徴があります。

エックスサーバーなら大切に育てた結果、多くのアクセスを集めるブログとなっても障害が起こることなく運営することができます。

おと
月に50万PVを超えるブログでも安定していると言われています。
私が運用している別サイト(15万PV/月程度)なら楽勝で運用できています。

WordPressを簡単に高速に利用できる

Xアクセラレータ
上の画像は、エックスサーバーが独自に提供している「Xアクセラレータ」という機能で、PHPというプログラムを高速化することができます。

結果として、WordPressが最大で10倍高速化でき、高耐久化するという結果が出ているようです。

おと
なかなか体感するのは難しいですが、Wordpressを高速化できます。

さらに、Wordpressの「簡単インストール」機能が用意されているので、データベースなどの知識が無い初心者の方でもすぐにブログ作成に入ることができます。

24時間365日の手厚いサポート

当然ですが、サーバー料金の中にはサポートコストも含まれています。

月額500円以下のサーバーなら、よくてメールサポートといったところですが、エックスサーバーは若干月額料金は高くなりますが電話サポートがついています。

他にも、詳細画面を使った操作マニュアルが用意されていますから、ほとんどのことが解決できます。

おと
私も数年利用していますが、マニュアルを読むだけでほとんどのことを解決できていて、1度だけメールサポート利用しましたが返信はとても早かったです。
電話サポートを利用するまでもなく安定しています。

WordPress専用のセキュリティ機能がある

具体的には次のような機能がエックスサーバーにはあります。

  • 国外IPからのダッシュボード アクセス制限
  • ログイン試行回数制限
  • 大量コメント・トラックバック制限

などの機能があります。(他にもあります)

WordPressは国外からスパムコメントやログイン画面へのハッキングが多くあるので心配になります。

知識さえあれば実現できるのでしょうけれど、私のように知識がない人間からすると、管理画面からON/OFFを切り替えるだけでセキュリティ対策できるのはとても安心できます。

エックスサーバーの不満なところ

満足できるところが多いことに対して、不満点はほとんどありませんが、強いて挙げるなら次の2点でしょうか。

おと
デメリットがほとんど無いのもエックスサーバーの評判が良い理由のひとつでしょうね。

初期費用が必要

料金プランについては後ほど詳しく説明しますが、エックスサーバーでは原則として初期費用3,000円が必要です。

最近の他社の動向を見てみると、初期費用が無料というところが増えてきていますから、少し残念なところです。

ただ、エックスサーバーでは、定期的に「初期費用無料」または「ドメイン永久無料」のキャンペーンが実施されます。

初期費用無料キャンペーンを利用するれば、お得にサービス加入することができますので、キャンペーンが実施されているか確認すると良いでしょう。

⇒ 公式サイトでキャンペーンを確認する

データベースの容量が小さい

データベース1個当たりの容量が50MBと小さいです。

WordPressではデータベースMySQLを1つ使用し、50MBでも十分にブログを運営することができるにはできますし、他社より小さいというわけではありませんが、もう少し容量があった方が余裕を感じることができます。

現在ではサービスが向上し、データベース1個あたりの容量が2GBと、充分に増強されています。

ここまで満足できる点で紹介した特徴以外に、エックスサーバーにあるおすすめの機能について説明しておきます。

過去7日分のデータを自動バックアップ

エックスサーバーのバックアップ機能
エックスサーバーでは、サーバー内にあるデータを過去7日間分自動でバックアップを取ってくれています。

サーバー内のデータが消失してしまったとき、このバックアップデータから復元することができるので安心して使用できます。

以前はデータのバックアップは無料だが、復元は有料サービスとなっていましたが、現在は無料で復元依頼することができるようになりました。

おと
先にもお伝えしましたが、これもエックスサーバーがサービスを向上してくれた例ですね。

プラン変更が自在にできる

後ほど詳しく説明しますが、エックスサーバーには3つの料金プランがあります。

プランによってディスク容量など機能に差があります。

申し込んだプランが物足りなかったり、過剰なプランだった場合には、上位でも下位にでもプランを変更することができるので、使用してみて実際に不便を感じてからでも気楽に変更することができます。

おと
他社では上位への変更しか受け付けていないところもあるんです。

WAF搭載でセキュリティが高い

WAFとは、Webアプリケーションの脆弱性を悪用した攻撃からWebサイトを保護することができる機能です。

他社でも採用されることが増えてきましたが、エックスサーバーでもいち早く取り入れられています。

WordPressなどのWebアプリケーションは、便利ではありますが、脆弱性を利用して攻撃を受けることがあるのがデメリットとなっていますので、セキュリティ機能が強化されているサーバーを選ぶのは必須となっています。

おと
この機能に加えて、先ほど紹介したWordpressセキュリティ機能を合わせることで、安心安全にサイト運営することができます。

運営中Wordpressサイトを簡単に移行できる

サイト簡単移行機能
すでに別のサーバーで運用しているWordpressをお持ちの場合、対象のドメインを指定することで簡単にエックスサーバー内にサイト丸ごと引っ越しすることができます。

現在別のレンタルサーバーを利用中の方でも、安心してエックスサーバーに乗り換えることができる仕組みが作られています。

他のサーバーからだけでなく、利用しているエックスサーバー内にあるサイトを別ドメインに移動するのにも利用できますよ。

料金プランの比較

初期費用と月額料金の比較

エックスサーバーの契約には、原則としてプランに関係なく一律3,000円が必要です。

キャンペーン中であれば、初期費用が半額から無料になることがあります。

各プランの月額料金は下記のとおりで、金額的には結構な差があります。

ただ、個人でWordpressを運営している人であれば圧倒的にX10プランを選んでいる人が多いです。

契約期間 プランごとの月額料金
X10 X20 X30
3ヶ月 1,200円 2,400円 4,800円
6ヶ月 1,100円 2,200円 4,400円
12ヶ月 1,000円 2,000円 4,000円
24ヶ月 950円 1,900円 3,800円
36ヶ月 900円 1,800円 3,600円

機能の比較

エックスサーバーの各プランの機能の一部について比較してみました。

他にも多くの機能がありますが、プランによる差はありません。

プランによって差がでるのは、「ディスク容量」と「転送量目安」だけです。

最安プランであるX10でも、データベースの数やマルチドメインの数は無制限、ディスク容量も200GBと余裕十分ですね。

転送量目安としても300GB/日もありますから、月に数十万PVのブログを複数作成したとしても安定運用ができそうです。

機能 X10 X20 X30
ディスク容量 200GB 300GB 400GB
無料独自SSL
MySQL 無制限 無制限 無制限
マルチドメイン 無制限 無制限 無制限
サブドメイン 無制限 無制限 無制限
転送量の目安 300GB/日 360GB/日 400GB/日
FTPアカウント 無制限 無制限 無制限
メールアカウント 無制限 無制限 無制限
メールセキュリティ
メールサポート
電話サポート
設定代行サービス
おと
実際、多くのブロガーやアフィリエイターもX10プランで運用している人が多いですよ

まとめ

ここまでエックスサーバーを数年使った経験から、満足できる点と不満な点、プランごとの違いについて見てきました。

エックスサーバーは、国内でも高速でありながら安定して稼働している実績があります。

値段だけならもっと安いサーバーは他にもありますが、サポートも充実していて、状況に合わせてスペックやサービスを向上させてくれることを考えると必要なコストではないでしょうか。

私は複数のブログを運営していて、レンタルサーバーも複数契約していますが、エックスサーバーのブログは速度・安定感などトータルで大満足しています。

個人がブログやアフィリエイトサイトを運営するのでは、最安のX10プランで十分満足できるはずよ。

エックスサーバーには10日間の無料お試し期間があります。
実際に管理画面の使い勝手を確認したり、Wordpressをインストールして使用感をチェックしてみるのもアリですよ。

⇒ エックスサーバーを10日間無料で試してみる

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる