アフィリエイト教材ルレアを実践してみようと思う

アフィリエイト教材ルレアを実践してみようと思う

アフィリエイトは適当にやっても結果は出ない

 私は、4年ほど前にアフィリエイトに挑戦したことがあります。

このときは、Wordpressを使って見ることが目的で、アフィリエイト収益についてはそれほど期待はしていませんでした。

とはいえ、月に3000円くらいは稼ぐことができていたので、レンタルサーバーやドメイン管理費などは賄うことができました。

見よう見まねで美容系サイトを作っていました。

PV数に比例すると言われるAdsenseは、本当にそのとおりで、PV数に応じて小銭が入りました。

物販については、A8.netとAmazonアソシエイトを利用していましたが、Amazonアソシエイトからは月に数件の成約がありましたが、A8.netからは1年以上やってみて1件くらいのものでした。

 Wordpressを使ってサイトを作るスキルを身につけたかったので、それほど収益にこだわっていなかったのは事実ですが、月に数万円くらいは可能だと考えていました。

 見よう見まねで使ったこともない商品をランキング形式で並べて、公式サイトへのリンクを貼るというようなこともやってみましたが、全く売れません。

 そもそも、まともにアクセスを集めることができませんでした。

とはいえ、その中の2ページについては実際に使ってみたレビューであったり、実体験のページがありました。
この2ページが、少ないアクセス数のうちの大半を占めていました。

アクセスを集めることができても、A8.netとAmazonアソシエイトでは実績がまるで違います。
やはりAmazonの名前があるからか、A8.netに比べると成約を得ることはそれほど難しくはありませんでした。

逆に、A8.netから成約をとることは至難の業に感じました。

今回、うつ病から再起をはかるために、アフィリエイトに賭けるには、このままの方法を続けても無意味でした。

アフィリエイトには、いろいろな手法がある

 インターネット上でアフィリエイトに関する情報を集めることから始めました。

 ひたすらアクセスを集めるために、瞬間的に注目される芸能ニュースなどの記事を書いて、Adsenseで稼ぐ人もいれば、アクセス数は少なくとも、単価の高い商品を確実に売るという方法、情報商材に特化している人、著者そのものが人気になっているサイト、メールマガジンを利用している人などそれぞれの手法がありました。

 どの手法の人でも共通していることは、「キーワードを考えて記事を書く」「読みやすくて、充実した内容」だと感じました。

もちろん、検索結果の上位に表示されることが最優先課題になることは間違いありません。

 それに対して私のサイトは、あまりにも適当な情報を適当に書いているように感じました。
マグレで少量のアクセスを集めることができたページは、「偶然にもそこそこまともに書けたページ」だったのでしょう。

 どんな方法であれ、しっかりとした戦略が必要だということがわかりました。

基本を学ぶためにルレアを選択した

 まずは、信頼できそうな教材を読んでみることにしました。

私は、情報商材というもに否定的な考えを持っていましたが、今回、騙されても良いからとにかく情報を得るために、書籍や信用できそうな情報商材をさがしてみました。

「簡単に」「確実に」「誰でも」は信じない

 教材を選ぶうえで重要なのは、「誰でも簡単に月〇〇円稼ぐ」とか「3ヶ月で月〇〇万円を稼いだ手法」とかそういった類のものははじいていきました。

 私は、株式投資を10年近くやってみて、そのような簡単な方法は無いし、あったとしても普通は誰にも言わない方法だということを感じていました。

 このような情報がいまだに検索して出てくることがアフィリエイトのイメージを悪くしているのだと思います。

メルマガでのアフィリエイトはしない

 情報収集していると、メールマガジンへの登録をすすめるサイトが多くありました。

「メールマガジンに登録していただいた方に無料でレポートをプレゼント」などというものです。

 これを見て、私はあまり良い気がしなかったので、自分はメルマガを使ったアフィリエイトはしないと決めました。
メルマガ=スパムという認識でいますし、これからもその認識だと思いました。

 有料のメルマガならメルマガ本体に価値のあるコンテンツが入っているから問題がないと思えますが、「これが欲しかったらメルマガを登録しろ」というのは、メルマガに価値がないことは明白だと感じました。

基本的なことから書かれているルレアを選んだ

 ルレアは、ずいぶん前から販売されている教材でしたので、情報が古いのではないかという不安もありましたが、「アフィリエイトで簡単に儲かるということはない」ということがハッキリと書かれていること、「検索上位になるにはSEO対策が必要」「記事の質を上げること」などについて書かれていることに好感を持ちました。

 また、「ショートレンジ」「ミドルレンジ」「ロングレンジ」という3つのジャンルについて書かれていて、それぞれの特徴や手法のポイントが書かれているようなので、「こうしなさい」というよりも、「こう考えると、こうした方が良い」というような記載なので、どちらかというと、「手法を学ぶというよりは、工夫する思考を学ぶことが書かれている」ので、ある程度の成果を残したあとでも、自分なりに研究するという習慣が身に付きそうだと感じたからです。

 このルレアで学んだことをアフィリエイトで成果を出していきたいと思います。

ルレアの内容や良い点の詳細は、別の機会に記事を書いていきたいと思います。