Adsenseを利用するためにプライバシーポリシーを作成しよう

Adsenseを利用するためにプライバシーポリシーを作成しよう

 近頃のgoogleアドセンスは、比較的審査が厳しい広告サービスとして有名ですよね。

ネット上でもアドセンスに合格するために様々なアドバイスがあげられています。

アドセンス申請のコンサルをやっている方もいるくらいです。

 そんな厳しい審査に合格しても、規約を守らなかったばかりにアカウントを削除されたということにならないように規約を順守するようにしなければなりません。

Advertisement

サイト内にプライバシーポリシーの記載が必要

 規約の中で見落としがちなことが「サイトのプライバシーポリシー」の記載です。

個人情報を多く扱う企業などでは、プライバシーポリシーの作成は必須の事項ですが、個人のブログではなかなか整備することはありませんよね。

 ただ、Googleアドセンスを利用して広告を配信するためには、この部分に関することだけでも作成してサイトのどこかに記載する必要があります。

根拠となる文書

AdSense プログラム ポリシー

Google 広告の Cookie
AdSense サイト運営者様は、ウェブサイトに広告を掲載することで、そのサイトを訪れたユーザーのブラウザに第三者が Cookie を保存したり、保存された Cookie が第三者によって読み取られたり、第三者がウェブビーコンを使って情報を集めたりする可能性があることについて、これを明示するプライバシー ポリシーを掲載し、その内容に準拠していただく必要があります。詳しくは、サイトのプライバシー ポリシーの記載方法に関する説明をご覧ください。

(https://support.google.com/adsense/answer/48182?sourceid=aso&subid=ww-jp-et-asblog_2011-02-24&medium=link&_ga=2.149507637.202775842.1515842937-584040739.1515028652)

AdSense オンライン利用規約

8.プライバシー
当社のプライバシー ポリシーは、お客様が当社の本サービスを利用する際に、当社がお客様の個人データをどのように扱い、お客様のプライバシーを保護するかを説明しています。当社の本サービスの利用により、お客様は、当社のプライバシー ポリシーに従って当社が当該データを使用できることに同意するものとなります。

お客様は、本サービスを利用するに際しては、常に、明確に表示され、簡単にアクセス可能なプライバシー ポリシーを広告媒体に必ず付すものとし、当該プライバシー ポリシーにより、Cookie、デバイス特有の情報、ロケーション 情報、および本サービスに関連してエンド ユーザーのデバイスに保存され、当該デバイスにおいてアクセスされ、当該デバイスから収集されるその他の情報(場合により、Cookie 管理に関するエンド ユーザーのオプションに関する情報を含みます)についての明確かつ包括的な情報をエンド ユーザーに提供するものとします。Cookie、デバイス特有の情報、ロケーション情報または本サービスに関連したエンド ユーザーのデバイスに関するその他の情報の保存およびアクセスに対してエンド ユーザーの承諾が法律により要求される場合は、エンド ユーザーから当該承諾が得られるように、お客様は商業的に合理的な努力をするものとします。

https://www.google.com/adsense/new/localized-terms?hl=ja)

AdSenseヘルプ

サイトのプライバシー ポリシーについて
プライバシー ポリシーには次の情報を記載する必要があります。

・Google などの第三者配信事業者が Cookie を使用して、ユーザーがそのウェブサイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて広告を配信すること。
・Google が広告 Cookie を使用することにより、ユーザーがそのサイトや他のサイトにアクセスした際の情報に基づいて、Google やそのパートナーが適切な広告をユーザーに表示できること。
・ユーザーは、広告設定でパーソナライズ広告を無効にできること(または、www.aboutads.info にアクセスすれば、パーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にできること)。
第三者配信による広告掲載を無効にしていない場合、広告の配信時に第三者配信事業者や広告ネットワークの Cookie が使用される可能性があります。その点についても、次の方法でサイトのプライバシー ポリシーに明示してください。

・第三者配信事業者や広告ネットワークの配信する広告がサイトに掲載されることを明記します。
・対象となる第三者配信事業者や広告ネットワークの適切なウェブサイトへのリンクを掲載します。
・これらのウェブサイトにアクセスすれば、パーソナライズド広告の掲載で使用される Cookie を無効にできることをユーザーに明示します(配信事業者や広告ネットワークがこの機能を提供している場合)。または、www.aboutads.info にアクセスすれば、第三者配信事業者がパーソナライズド広告の掲載で使用する Cookie を無効にできることを知らせます。

(https://support.google.com/adsense/answer/1348695)

プライバシーポリシー作成のポイント

 サイトにプライバシーポリシーの記載が必要なことがいたるところで示されていました。

Googleからは例文は示されていないので、独自に作成する必要があります。

明示しなければならない内容などの要点をまとめていきましょう。

  • Cookieを使用して、ユーザーがウェブサイトに過去にアクセスした際の情報を取得していること
  • その情報を使って、Googleやそのパートナーが適切な広告をユーザーに表示していること
  • 同意できない場合は、広告設定でパーソナライズ広告を無効にできること
  • Cookieを無効にできる方法が記載されているサイトのリンク
  • 広告設定でパーソナライズ広告を無効にしないで、アクセスすると広告が表示されてしまうこと
  • 対象となる第三者配信事業者や広告ネットワークの適切なウェブサイトへのリンクを掲載(ここで言うとGoogleかな)

プライバシーポリシーはAdsenseのためだけじゃない

 利用規約の明記が必要とされている広告サービスはAdsenseだけでなく、Amazonアソシエイトでも明記が必要とされています。

AdsenseとAmazonアソシエイトそれぞれ別に明記しても良いと思われますが、そもそもプライバシーポリシーとは、サイト運営上のルールの一種ですから、どちらにも対応できるものをひとつ作成する方が良いと思います。

 なかなか明文化することは難しいと思いますが、アカウントが削除されないようにするためにプライバシーポリシーを作成するようにしましょう。

Amazonアソシエイトに参加していることを明記する