Amazonアソシエイトに参加を明記しよう【アカウント停止】

Amazonアソシエイトに参加を明記しよう【アカウント停止】

 Amazonアソシエイトに参加できることになっても、規約違反によりアカウントが停止されては困りますよね。

Googleアドセンスでも同様ですが、規約違反によってアカウントを停止されるというような話もネット上で見かけることがあります。

ここでは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加していることをサイトに記載する方法について見ていきましょう。

Amazonアソシエイトに参加していることを知らせよう

Amazonアソシエイト・プログラム運営規約

 Amazonアソシエイトに参加するためには、Amazonアソシエイト・プログラム運営規約に則ってサイト運営しなければなりません。

この運営規約の中で見逃しがちなのが、Amazonアソシエイト・プログラムに参加していることをサイトに明記しなければならないことです。

10.乙がアソシエイトであることの表示
乙は、本規約、乙によるアソシエイト・プログラム・コンテンツの使用または本プログラムへの乙の参加に関して、いかなるプレスリリースの発行その他の発表または広告もしないものとします。乙は、本規約により明示的に許可される以外に、甲と乙との関係について不実の表明や誇張(甲が慈善活動やその他の運動を支援、後援、支持または貢献しているという表明または暗示を含みます。)をせず、甲と乙またはその他のいかなる個人もしくは企業との間の関係または提携を表明したり暗示したりしないものとします。乙は、乙のサイト上または甲がアソシエイト・プログラム・コンテンツの表示を許可した他の場所のどこかに 「Amazon.co.jpアソシエイト」または「[乙の名称を挿入]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」の文言を表示しなければなりません。甲は、この文言を適時変更することがあります。

(https://affiliate.amazon.co.jp/help/operating/agreement)

Googleアドセンスほど複雑ではない

 Googleアドセンスでは、広告配信の仕組みに「Cookie」を使用していることなどを記載したり、そのCookieを無効にすることができて更にその方法までも案内しなければいけないなど、細かいことまで明記する必要があるのに対して、Amazonアソシエイトは広告プログラムに参加しているということを明記するだけで良いようです。

 また、Googleアドセンスでは例文のようなものは示されていないのに対して、Amazonアソシエイトでは記載する必要がある文言まで指定されているので簡単に明記することができます。

どのように明記する必要があるのか

 Amazonアソシエイトでは、明記しなければならない文言について示されていることをお伝えしましたが、その内容が運営規約に記載されています。

    【記載場所】

  • 承認されたあなたのサイト上またはAmazonがアソシエイト・プログラム・コンテンツの表示を許可した他の場所のどこか
  • 【記載内容】

  • 「Amazon.co.jpアソシエイト」
  • 「[承認されたあなたのサイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

 このように明記されていることから、「Amazon.co.jpアソシエイト」と記載するだけで良いということは、商品を紹介するリンク付近やボタンなどにこの文言を表示するだけで良いということになるので簡単ですね。

 もしくは、Googleアドセンスのためにプライバシーポリシーを作成するのであれば、そこへ「~参加者です。」と追記するだけで良いことになります。

悪意なく規約違反してしまって、アカウント停止とならないために忘れずに表示するようにしましょう。

Adsenseを利用するためのプライバシーポリシー作成